ツール

DMMモバイルが楽天モバイルに買収された!使用者はどうなる?

DMMモバイルアイキャッチPSリサイズ
ぱごろも
ぱごろも
こんにちは!

何を隠そうDMMモバイルユーザーなのです!

 

docomoやau、Softbankが携帯の大手3社でしたが、近年は様々な会社が通信事業に乗り出しています。

DMMもその一つで、「DMM Mobile(モバイル)」というMVNOを行っており、いわゆる格安スマホを扱っています。

ちなみにMVNOというのはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。

さて、そんなDMMなのですが、ユーザーの私としてはびっくりのニュースが入ってきました。

DMMモバイルを楽天モバイルが買収

楽天と言えば、今や知らない人はいないほどの企業です。

楽天市場を利用している方も多いでしょう。

その楽天が運営しているMVNOが「楽天モバイル」です。

そして、今回のニュースの概要は以下の通りです。

楽天モバイルは、DMM.comが運営するMVNO「DMM Mobile」(約24万回線)と光インターネットサービス「DMM光」(約2万回線)を9月1日付けで承継すると発表しました。買収額は約23億円です。

engadget日本版より引用)

ということで、DMMモバイルとDMM光は楽天モバイルに買収されることになったのです。

なぜ楽天モバイルはDMMモバイルを買収したのか?

楽天は、ドコモ、au、ソフトバンクに次ぐ、「第4の携帯会社」になることを計画しています。

つまり、楽天が自前の回線を用意することになります。

記事にはこう書かれています。

楽天モバイル2019年10月に自前で設備を持つモバイル通信キャリア(MNO)事業を展開予定。サービス開始を前にして、回線規模をさらに拡大することになります。

楽天モバイルでは全国に500店舗の直営店を展開し、MVNOの契約数は180万回線に上ります(5月末時点)。DMM mobileの約24万回線(6月30日時点)を統合すると、買収により楽天モバイルのMVNO契約数は200万回線を超えることになります。

engadget日本版より引用

つまり、自社ユーザーを増やすための戦略ということですね。

ちなみに2019年3月時点での大手3社の携帯契約件数は、

  • ドコモ:約7800万件
  • au:約5500万件
  • ソフトバンク:約4200万件

となっています。

3社と比べると、楽天は規模としてはまだまだ小さいのです。

DMMモバイルユーザーはどうなる?

気になるのはこれです!いったいどうなるのか?

現在わかっている情報です。

変わらない点

  • DMMモバイル(DMMトークという定額電話サービスを含む)という名称
  • 通信サービスの内容
  • 料金
  • 支払方法

変更点

  • DMMポイントは2019年9月1日より楽天スーパーポイントへ移行

そこまで心配はなく、使用は続けて行けそうです。

DMMモバイルユーザーはどうなる?

本格的に楽天の携帯事業が始まれば、楽天モバイルのユーザーたちも新サービスに移行されていきます。

DMMの場合も同様だと考えると、格安料金で楽天の新サービスを使えるかもしれません。

普段楽天を使用している私にとっては非常にラッキーな話です!

新たな情報が入り次第、お知らせしていきたいと思います😊

まとめ

DMMモバイルが楽天モバイルに買収された

楽天が買収した意図は自社回線数の増加

DMMモバイルユーザーは特に大きな変更はなく使用を続けられる

DMMポイントは2019年9月1日から楽天スーパーポイントに移行

DMMモバイルユーザーも楽天の新サービスが利用できるかも?!

 

ぱごろも
ぱごろも
楽天モバイルに変えようかなと思っていた筆者にとっては朗報かもしれん!笑

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪