テクノロジー

パワーアシストスーツを導入した奈良の銀行!どこの会社が作った?

ぱごろも
ぱごろも
ど~も~✨

段々SFの世界に近づいてきている感じ🤩

 

私のような理学療法士や看護師さん、介護士さんなど、人の介助を行う職業は腰を痛めることが多いです。

介護ロボットなんかも登場するんでしょうが、私たちの動きをサポートしてくれる物が欲しいなぁとも思います。

そんな思いを実現させた銀行があるそうです!

パワーアシストスーツを導入した南都銀行

奈良市に本店のある南都銀行とその関連会社が導入したのは、地元企業が開発し、物流業や製造業などの現場で使われているパワーアシストスーツです。

去年からことしにかけて2台を導入し、伝票などの書類の箱や硬貨が入った袋を持ち運ぶ際に使っています。

関連会社では主に硬貨を運ぶ際に使っていて8日も、スーツを身につけた男性社員が100円玉が4000枚入った重さ20キロの袋を次々と持ち上げ、硬貨の仕分けなどを行う台の上に移し替えていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190308/k10011840721000.html より引用)

うおーー!!すごい!!!

パワーアシストスーツ便利ですね!作業効率が20%上がるそうです!

ニュースでは「地元企業」としか書かれていないのですが、どこの会社が作ったものなのでしょうか?

株式会社ATOUN(あとうん)

ATOUNは奈良県奈良市にある会社です。福井県越前市に支社があります。

今回取り上げられているパワーアシストスーツは「ATOUN MODEL Y」というものです。商品紹介ではパワーアシストスーツではなくパワードウェア(POWERED WEAR)となっています。

紹介動画がありましたのでご覧ください。

機械のセンサーが腰の動きを捉え、モーターが動きをサポートしてくれることで腰への負担が減ります。

物流や農業の場面で用いられており、介護現場でも実証実験が進められています。

使い方も簡単で、スーツを背負い、前でベルトを止め、スイッチを入れるだけです。あとは「あうんの呼吸」でサポートしてくれるとのこと。

アシストモードと歩行モード、ブレーキモードの3つのモードがあり、自動で切り替えてくれます。アシストモードでは物を持ち上げる動きのサポートをしてくれます。歩行モードではモーターがオフになり、歩くのを邪魔しません。ブレーキモードでは身体を下げるサポートをしてくれます。

製品仕様

ATOUNホームページより引用しています。

品番 AWN-12
本体寸法 幅 48.4 ✕ 奥行 28 ✕ 高さ 81cm
収納寸法 幅 48.4 ✕ 奥行 23 ✕ 高さ 67.5cm
重量 4.5kg(バッテリー含む)
アシスト力 最大10kgf
モーター AWN-12用モーター(2基装備)
稼働時間 約4時間(当社想定作業に依る)
動作環境 0〜40℃
想定装着者 身長150〜190cm

その他の製品

  • パワーアシストスーツ ATOUN MODEL A:腰部負担の軽減に特化しています。
  • パワーアシストスーツ ATOUN MODEL As:MODEL Aに腕の負担を軽減するアタッチメントが付きました。
  • パワーアシストアーム ATOUN MODEL K:持ち上げづらい重量物を扱うのをサポートします。

購入できるか?

商品ページには問い合わせフォームがあります。入力事項に法人か個人かを選べるところがあるので、おそらく個人でも購入は可能だと思います。

お値段はわかりませんでしたが、ATOUN MODEL Aがネットでも購入できるようです。

楽天で検索したところ、一番安くて130万円でした。とてもじゃないけど買えない!笑

まとめ

銀行がパワーアシストスーツを導入!

奈良の南都銀行と関連会社がパワーアシストスーツを導入

ATOUN MODEL Yという製品で、作業効率が20%上がる!

MODEL Aは130万円

 

ぱごろも
ぱごろも
こういうのが一般になってくると腰痛で離職する人も減るかも!

新たな希望ですね😊✨

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪