アニメ

「空の青さを知る人よ」はいつ公開?「あの花」スタッフが再集結

夕方
ぱごろも
ぱごろも
うおおおお!

名作なるか?!

 

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」をご存知でしょうか?

それぞれ通称「あの花」、「ここさけ」と呼ばれ、人気となった作品です。

これらの作品を作ったスタッフが再集結し、新たなオリジナル劇場アニメを届けてくれます!

「空の青さを知る人よ」

オリジナル劇場アニメのタイトルは「空の青さを知る人よ」です。

「あの花」、「ここさけ」に続いて舞台は埼玉県の秩父です。

原作は超平和バスターズです。

超平和バスターズは、「あの花」に出てくる仁太たち幼馴染6人で作ったチーム名でもありますが、長井 龍雪(ながい たつゆき)・岡田 麿里(おかだ まり)・田中 将賀(たなか まさよし)3人によるアニメーション制作チームのことを指します。

長井龍雪が監督、岡田麿里が脚本、キャラクターデザインと総作画監督を田中将賀が務めます。

この3人が「あの花」と「ここさけ」を手掛けているので、今回の「空の青さを知る人よ」も期待大!というわけです。

この3人に、「あの花」と「ここさけ」を企画・プロデュースした清水博之氏と、「君の名は。」を企画・プロデュースした川村元気氏が加わっています。

「空の青さを知る人よ」はいつ公開?

公開は2019年10月11日から始まります。

現在のところ、公式サイトでも公開日の情報やティザービジュアル、トレーラー映像、長井龍雪監督たちのコメント以外の情報は載っていません。

今後情報が追加されれば追記していきます。

スタッフコメント

公式サイトからも見ることができますが、ここにも引用させていただきました(引用元:https://soraaoproject.jp/)。

長井龍雪

また秩父を舞台に映画を作らせてもらえることになりました。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」と合わせて晴れて三部作ということになります。
こうして続けてこれたのも応援してくださった皆様のお陰です。
今回は、昔思い描いた自分と向き合っていくキャラクター達の不思議な四角関係のお話です。
精一杯頑張りますので、楽しんで頂けると嬉しいです。宜しくお願いします!

岡田麿里

いつものメンバーで、
いつもの秩父を舞台にしたアニメを作ることになりました。
今までの作品のなかでいちばんシンプルでありながら、
静かに意欲的な作品になっていると思います。
自分以上になれない自分を、目をそらさず見つめるための物語。
皆さまに楽しんでいただけるよう、ラストスパート。がんばります。

田中将賀

今回も僕ららしい作品になっていると思います。
これまで秩父を舞台にしてきた作品の一つの着地点として。
そして、これからも続く僕らの作品の出発点になったらと思っています。

スタッフコメント

今回解禁されたティザービジュアルを見てみます。

車の屋根に座る女子高生風の少女がいます。持っているのはベース。マスクをずらして、空を見上げているような感じです。

公式サイトに公開されているこのイラストをよく見てみると、少女の口から白い息が出る瞬間があることがわかります。また、上着も羽織っているので、物語の季節は冬なのではないかと予想します!

さらに、コピーには「これは、せつなくてふしぎな、二度目の初恋の物語」と書かれています。初恋なのに二度目とは確かにふしぎ…

長井監督も「キャラクターたちの不思議な四角関係のお話」と語っており、「不思議」というワードが共通します。

「あの花」と「ここさけ」の共通点は、少年少女たちの心の葛藤や人間関係について描く青春ストーリーという現実的な側面を持ちつつ、幽霊であるめんまや玉子の妖精といった不思議な、SF的な要素を持っているところだと筆者は思っています。

つまり、今回の「空の青さを知る人よ」でも、何かSF要素が入っているのではないでしょうか?「君の名は。」の川村氏が加わっているので、時間に関することなのかと予想します。

時を超えて(生まれ変わって?)、同じ人に恋をすれば「二度目の初恋」もつじつまが合うかも?🤔

ティザーサイトで三角形がふよふよと動いているのも気になります!

まとめ

空の青さを知る人よ

「あの花」「ここさけ」スタッフが再集結してオリジナル劇場アニメを作る!

公開は2019年10月11日から

青春+SFストーリーになる?

ぱごろも
ぱごろも
予想に関しては何かおもろいこと言うてるな程度で見てください😅

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪