アニメ

田村淳「CLANNADは人生」と絶賛!どんなストーリーなのか?

便座カバー
ぱごろも
ぱごろも
こんばんは🌟

アニメは気づきの宝庫だと思うのです!

 

アニメやマンガをすべてリアルタイムで見るのは不可能です。

過去の人気作をDVDやBlu-ray、再放送などで見ることもあります。

芸能人の方もそんな経験をしているようです!

田村淳がアニメ「CLANNAD」を絶賛!

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、こんなツイートをしていました。


CLANNAD(クラナド)を見たんですね!

「次のシーズンもすぐに見ます! 」ということで、ツイートの2日後、また新たなツイートをしました。

「CLANNADは人生」という言葉を残した淳さん。 これらの投稿をきっかけに、「CLANNAD」と「それと便座カバー」がツイッターのトレンド入りします。それと便座カバー。

ではCLANNADとはどんな話なのでしょうか?それと便座カバー。

CLANNADのストーリー

淳さんが視聴したのは「CLANNAD」と「CLANNAD 〜AFTER STORY〜」です。それぞれのストーリーについて簡単に説明します。

CLANNAD

こちらはアニメ第1期となります。第1、2期ともにゲーム「CLANNAD」が原作となっていいます。

放送は2007年10月から2008年3月までで、本編22回と番外編1回の全23回が放送されました。

主人公は高校三年生の岡崎 朋也(おかざき ともや)です。バスケットボールの特待生として高校に入学しましたが、父親との喧嘩が原因で肩が上がらなくなってしまいます。

バスケット選手としての選手生命は立たれてしまい、朋也は無気力になってしまいます。

朋也の友人である春原 陽平(すのはら ようへい)もサッカーの特待生として高校に入学しましたが、先輩と大喧嘩したため退部させられ、夢を諦めています。

父親は肩の件から朋也に対してよそよそしくなります。それに耐えられない朋也は、春原の家に入り浸るようになります。

春原の家に夜遅くまで入り浸っていたため、学校に遅刻することが増え、春原と共に不良学生のレッテルを貼られます。

そんな朋也が出会うことになるのが、古河 渚(ふるかわ なぎさ)です。

渚は身体が弱く、高熱が続いて学校に来られず、留年してしまっていました。

仲の良かった友人は卒業してしまい、独りの不安を語る渚に、朋也は「また新しく楽しいことを見つければいい」と励まします。そして2人は友人となります。

2人は演劇部を復活させようと活動を始めます。

様々な出来事が起こり…

最終的に朋也と渚は恋人関係になります。

CLANNAD 〜AFTER STORY〜

アニメ第2期となるこの作品は、2008年10月から2009年3月まで本編22回、番外編1回、総集編1回の全24回が放送されました。

春原の妹芽衣や宮沢有紀寧との話が展開されていきます。

1期でも出てくるのですが、人の願いを叶えることで光の玉が発生し空へ舞い上がります。これは重要な設定です。

時は過ぎ、秋になります。進路の話をするようになる朋也たちでしたが、渚はある日再び高熱を出して寝込んでしまいます。

結局よくはならず、またもや渚は留年することになってしまいます。

アルバイトから就職と、働きながら生活をするようになった朋也に転職の話が舞い込んできます。

しかし、この話は父親の逮捕によってなかったことになってしまいます。

悪いことが重なる中、朋也と渚は結婚します。そして渚も高校を卒業できることになりました。結局寝込んでしまって卒業式には出席できませんでしたが、朋也が集めた高校時代の友人たちやお世話になった人々を集めて渚の卒業式を開催しました。

その後2人は正式に婚姻届を提出し、同棲生活を始めます。

ある日、渚の妊娠が発覚します。身体が弱いために、出産は命がけになると説明されますが、渚はそれでも子供を産みたいと訴えます。対する朋也は渚が死んでしまう可能性があることに不安を覚え、出産に賛成できないでいました。

都市開発が行われると渚の体調が悪くなるため、渚は「街と生命を共有している」と言う設定があると考えられています。

最終的に朋也は渚の出産を支えることを決心しますが、娘の(うしお)を出産したすぐ後に渚は息を引き取ってしまいます。

渚の死に絶望する朋也は抜け殻のようになり、娘の汐も渚の両親に預けて、無気力な生活を5年間も続けてしまいます。

これではいけないと、汐との生活を進められた朋也は、旅行先で父親の話を聞きます。それによって心の整理ができ、父として汐に接することを決めます。

ある日、汐も渚と同じ謎の病で倒れてしまいます。

渚の娘である汐も「街と生命を共有している」状態です。

旅行に行きたいとせがむ汐を連れて朋也は駅へ向かいますが、途中で汐は倒れ、息を引き取ってしまいます。

再び絶望のどん底に突き落とされる朋也も、汐と同じくその場に倒れこんでしまいます。このときに朋也は現実世界から幻想世界へと移動し、少女から「人の願いを叶えて光の玉を集めると願いが叶う」という話を聞き、もう一度現実世界へと戻ってくることになります。

渚と出会った学校へと続く坂道の下に朋也は戻ってきます。

目の前には渚がおり、朋也は「ここで出会わない方が良かったんじゃないか」と悩みます。しかし、朋也は渚に声をかけ、抱きしめ、出会えて良かったと語ります。そんな朋也に渚は「私と出会えたことを後悔しないでほしい」とお願いします。

すると、今まで人々の願いを叶えるたびに発生していた光の玉が街を駆け巡り、汐が産まれたその時間にまた戻ってきます。

今度は渚が死んでしまうこともなく、汐が病気に倒れることもなく、三人は幸せな日々を過ごしました。

それと便座カバー

ここはおふざけのおまけなので読み飛ばしていただいて大丈夫です。それと便座カバー。

「それと便座カバー」というのは、朋也が春原に指示した語尾です。それと便座カバー。

律儀に話の最後に「便座カバー」を付ける春原でしたが、大事な話がぶち壊しになる悪魔の言葉でした。それと便座カバー。

参考に動画をどうぞ。それと便座カバー。

まとめ

田村淳がCLANNADを絶賛!

「CLANNADは人生」と語るほど、高評価している

ストーリーは青春物のようで、不思議要素もあり。

気になる人は見てみよう!

それと便座カバー。

 

ぱごろも
ぱごろも
有名人のツイートの力の大きさを実感しますね…それと便座カバー。

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪