雑記

大坂なおみの世界ランクUP!?全豪オープン決勝進出でどうなる?

ぱごろも
ぱごろも
こんにちは!

うれしい!すごい!ニュースが来ました!!

テニスの大坂なおみ選手が、出場していた全豪オープンで決勝まで勝ち上がり、

世界ランクが2位以内になることが決まったのです!

今回は、大坂なおみ選手やランキングのことなどをご紹介していきます!

大坂なおみ選手とは?

プロフィール

大坂なおみ選手は、1997年10月16日生まれの21歳です。

ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフですが、選手登録は日本でしています。

生まれは大阪です。※名字は「大阪」ではなく「大坂」です!

身長180cm、体重69kgと長身です。実は錦織圭選手(178cm)より身長が高いのです。

プレースタイル

強力なストロークが武器なアグレッシブ・ベースライナーと言えるでしょう。パワータイプの選手です。フォアハンド、バックハンドともに強力です。

その身長から繰り出されるサーブは強烈で、200km/hを超えたこともあります(全米オープンで201.2km/hを記録しています。最速サービス記録歴代12位!)。ただ速いだけでなく、スピンサーブなどの緩急も付けれますので、器用な選手とも言えます。

戦績

ITF女子サーキットへの出場は、2011年のモンテゴ・ベイ大会がデビュー戦となります。

その後2013年9月にプロ転向しました。

グランドスラム(4大大会)初出場となったのは、全豪オープン予選を突破した2016年です。この時は3回戦で敗退しましたが、グランドスラム初出場で3回戦に進出した日本人選手は52年ぶりという快挙でした。

めきめきと力をつけていった大坂なおみ選手は、ついに、2018年の全米オープンでグランドスラム初優勝を果たします。セリーナ・ウィリアムズ選手との戦いや、勝利後のスピーチなど、記憶に残る試合でした。4大大会で決勝進出だけでも日本人女子史上初だったのですが、優勝までしてしまった大坂なおみ選手は、本当に素晴らしい選手です。

ちなみに、WTAツアー初優勝は、全米オープン前に果たしています。

ツアーや大会の仕組み

グランドスラムやらWTAツアーやら、聞き慣れない言葉が出てきていますので、ここで説明しておきます。

ツアーや大会って?

テニスの世界ランクを決めるのはポイント数です。試合に勝って、ポイントを多く持っていれば順位が高くなります。そのポイントを獲得するための試合がグランドスラムやツアーです。

簡単な図を用意しましたのでご参照ください!

男子(ATP:Association of Tennis Professionalsが管理)

女子(WTA:Woman’s Tennis Associationが管理)

ポイントが高いと各試合でシード権をもらえますが、始めのうちは予選に参加して勝ち上がることで、本選に参加していきます。

ポイントの仕組み

試合に勝つと、ポイントがもらえます。予選通過やベスト128などでもポイントがもらえるのですが、ここでは優勝と準優勝の場合のポイントをご紹介します。

ATPの場合

  • グランドスラム:優勝2,000ポイント、準優勝1,200ポイント
  • マスターズ1000:優勝1,000ポイント、準優勝600ポイント
  • ツアー500:優勝500ポイント、準優勝350ポイント
  • ツアー250:優勝250ポイント、準優勝150ポイント
  • チャレンジャー:優勝125~80ポイント、準優勝75~48ポイント
  • フューチャーズ:優勝35~18ポイント、準優勝20~10ポイント

※チャレンジャーとフューチャーズは賞金によってポイントが変動

WTAの場合

  • グランドスラム:優勝2,000ポイント、準優勝1,300ポイント
  • プレミアマンダトリー:優勝1,000ポイント、準優勝650ポイント
  • プレミア5:優勝900ポイント、準優勝585ポイント
  • プレミア:優勝470ポイント、準優勝305ポイント
  • インターナショナル:優勝280ポイント、準優勝180ポイント
  • サーキット:優勝150~12ポイント、準優勝90~7ポイント

※サーキットは賞金によってポイントが変動

 

現在の大坂なおみ選手のランキングとポイントは?これからどうなる?

現在

1月14日現在、大坂なおみ選手の世界ランクは4位5,270ポイントとなっています。

世界ランク1位のシモナ・ハレプ選手が6,642ポイント、2位のアンジェリック・ケルバー選手が5,505ポイント、3位のカロライン・ウォズニアッキ選手が5,436ポイントとなっています。

すでに1~3位の選手は全豪オープンでは敗退しています。

ランキングのポイントの適用は1年以内の大会で獲得したものになります。

1位のシモナ・ハレプ選手は2018年の全豪で準優勝していますが、その1,300ポイントは減算されることになります。つまり、6,642-1,300=5,342ポイントとなり、今回ベスト16なので、240ポイントが加算され、5,582ポイントとなっています。

これから

ここで、大坂選手のポイントを考えると、最低でも準優勝なので、1,300ポイントが加算されて6,570ポイントとなります。なので、この時点で大坂選手が2位以内確定なのです!

決勝の相手であるペトラ・クビトバ選手は世界ランク6位で、5,000ポイントです。

クビトバ選手が優勝すると7,000ポイントになり、大坂選手は2位になります。

日本人初の世界ランク1位になるには、日本人初の全豪オープン優勝を果たすしかないのです!

初尽くしの全豪決勝!ワクワクが止まりません!!😆

 

ぱごろも
ぱごろも
どうなるどうなる!?

とにかく応援だ~👊

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪