リハビリ

一部分だけ鍛える?それとも全身?筋トレの効果を高める原則とは?

ぱごろも
ぱごろも
こんにちは!

今日も引き続きトレーニングについてのお話です😃

 

ここまでトレーニングの三大原理と意識性の原則についてご紹介しました。

今回は全面性の原則です。

 

全面性の原則とは?

全面性=全体、全身と考えてください。

全面性の原則とは、トレーニングをするときには、

全身バランスよくトレーニングしましょう!

というものです。

 

なぜバランスよく鍛える必要があるのか?

例えば、腕の筋トレをしているAさんがいるとします。

Aさんは右利きなので、右腕の筋力を鍛えたいと考えました。

そして、Aさんは右腕のトレーニングを集中的に行い、筋力がupしました。

筋肉も肥大して、以前より腕は太くなりました。

しかし、右腕だけを鍛え、他の部分を鍛えなかったので、

身体のバランスが悪くなり、姿勢が悪くなってしまいました。

その結果、肩や腰の痛みが出るようになってしまいました。

本当にこの例のようになるとは限りませんが、全身を鍛えないと、

怪我の原因になる可能性があります。

 

つまり、バランスの良い身体=怪我をしにくい身体なのです。

また、美しい姿勢でいるためにも、全身を鍛えることが重要です。

 

バランスよく鍛えた後はどうするの?

全身をバランスよく鍛えていることを前提として、

スポーツなどをしている方は、それに加えて競技特有のトレーニングを行います。

これは、三大原理の中の特異性の原理です。

 

つまり、全面性の原則に従って、バランスよく鍛えた身体をつくり、

その身体がある上で、特異性の原理に従ってトレーニングを行うことで、

スポーツのパフォーマンスが向上していくのです。

 

これは個人的な意見ですが、

まず、身体を鍛えよう!という意欲・意識があることが重要です(意識性の原則)。

次に、全身まんべんなく鍛え、バランスの良い身体を作っていくことが

大事になります(全面性の原則)。

そのあとに、過負荷の原理や特異性の原理に従ったトレーニングを行うことで、

目標や目的を達成できると考えます。

 

まとめ

全面性の原則

・トレーニングをする時には、全身をバランスよく鍛えることが重要!

・バランスの悪い身体は怪我の原因になりやすい。

・全身が鍛えられたら、特異性の原理に従ってトレーニングすることで、パフォーマンスを上げよう!

 

ぱごろも
ぱごろも
全面性の原則、おわかりいただけたでしょうか?

非常に重要な原則なので、要チェックです!

次回は漸進性の原則についてご紹介します👍

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪