イベント

2月2日はツインテールの日!由来や他の髪型との違いもご紹介!

ぱごろも
ぱごろも
こんにちは!

2月2日は夫婦の日でもあるのですが…

 

明日の節分に気持ちが向いている、そんなときにひっそり(?)と盛り上がっている記念日があるのです。

 

ツインテールの日!

いろいろな記念日がありますが、けっこうなインパクトがあると思います。日本ツインテール協会が提唱し、2012年1月24日に日本記念日協会に記念日として認定されています。

Twitterでもいろんなツインテールが見れます。↓こちらは橋本環奈さんのツインテール画像まとめ


公式アカウントも遊んでますね笑


しかし、そもそもツインテールという髪型はいつから広まっているのか、名称の由来は何なのかを調べてみました。

 

ツインテールの由来

元々は違う名称?

元々は幼い子供の髪を整えるために、母親たちがこのような髪型にしていたそうです。習慣的に二つ結いと呼ばれていました。

英語ではbunchesや、天使の翼(angel wings)と呼ばれますが、厳密にはツインテールとは同じではありません。(左の画像がツインテール、右がbuches)

 

 

 

 

 

では、誰が、いつからツインテールという呼び名を使い始めたのでしょうか?

ツインテールの語源

ツインテールという言葉が出てきたのが、1989年だったようです。使い始めたのは映像作家の今井聡さんです。

そのときのことをブログに書いておられましたので、引用します。

ジェニーというファッションドールが全盛期の時代。ジェニーのフレンドドールとして「メイリン」というお人形が発売されることになり、そのお人形は両サイドで髪を縛った髪型をしていました。

当時、インターネットもまだ普及してなかった時代、私と盟友odessa氏で大人を中心としたジェニードールファン400人ほどが集まり、交流や作品発表などを中心とした私設ジェニーファンサークルを運営していたのですが、その会報に新フレンドのメイリンドールを紹介した際に「髪型はツインテール」と紹介しました。

これは、当時「スケバン刑事」のドラマがTV放映されており、その主演の斉藤由貴の髪型がポニーテールで、そのポニーテールが対になっている、いわば「ツインなポニーテール」という事と、世代的なもので「帰ってきたウルトラマン」に登場した怪獣ツインテールをひっかけて、ということもありました。

ツインテールの語源&由来|轟天轟海より引用)

ツインなポニーテール怪獣ツインテール

この2つが大事な要素だったんですね。ちなみに怪獣ツインテールはこちら↓


ツインテールの日には必ずといっていいほどTwitterに上がってくる人気者です✨

他の髪型との違い

似たような髪型に、ツーサイドアップとおさげ髪があります。

ツーサイドアップ

イメージ画像

髪の毛すべてをまとめて結ぶわけではなく、両側の少量の髪を耳の上で結ぶ髪型です。残りの後ろ髪は垂らしています。厳密にはツインテールとは違うのですが、境界はあいまいなようです。

おさげ髪

ツインテールがこめかみよりも高い位置で髪の毛を結ぶのに対し、おさげ髪は耳より下で結びます。パッと見では見分けが難しそうですね。

二つ結いという言葉が使われていた時代は、きちんと呼び分けられていたそうです。

 

他の髪型との違い

2月2日はツインテールの日!

ツインテールの日は日本ツインテール協会が提唱した

ツインテールはこめかみよりも高い位置で髪の毛を結ぶ

ツインテールの由来は「ツインなポニーテール」と「怪獣ツインテール」

似たような髪型にツーサイドアップとおさげ髪がある

 

ぱごろも
ぱごろも
語源をたどっていくと面白い事実が知れました!

それではまた~😊

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪