アニメ

アニメMIX第4話ネタバレ!タッチにもいた男?明青の打順も調査

打順
ぱごろも
ぱごろも
ぎすぎすしている明青学園中等部野球部ですが…

いったいどうなる?!

 

アニメMIX第4話が放送されました。

放送からわかる明青学園中等部の打順も調査してみたので、よかったら見てください🤗

今回はタッチにも出ていた懐かしい顔が見れるかも…?

 

【第4話 交換(トレード)してえなァ】忙しい人のための1分ストーリー

  • 走一郎と音美は実父のお墓参りへ
  • そうとは知らない二階堂は走一郎を探していたが投馬は嫌味を言う
  • 反論もせず二階堂は去っていき、今川の誘いも断る
  • 全中のブロック代表決定戦は二階堂が投げ切り、完封で勝利
  • 二階堂は立花兄弟に対して自慢げ
  • 期末テストで負けると駒と音美がデートすることになった投馬は必死に勉強し、クラス5位に
  • 二階堂は都大会一回戦前日まで練習に参加しなかった
  • 一回戦当日も二階堂は来ておらず、途中まで控えピッチャーが投げる
  • 対戦相手も控えピッチャーだったが、駒のホームランなどにより、エースの西村拓味が出てくる
  • それでも4回を終わって5対4とリードしていた
  • しかし、5回表途中で二階堂が登場し、5回裏から登板
  • 西村にホームランを打たれて同点になってしまう…
  • 立花家には謎の来訪者が来ていた

ではもう少し詳しく見ていきましょう!

いとうあさこを探せ!

今回は超簡単でした!

筆者もすぐに見つけられましたよ~😆


今回も学生役のいとうあさこさん!

にっこりしてた表情から、2回目は目が開いていました😳

hulu

やはり野球部の雰囲気は悪く…

走一郎は実父の命日で、音美とお墓参りに行っていました。

そのことを知らずに走一郎を探す二階堂に対し、投馬はにっこりとあからさまな嫌味を言います。

投馬をにらむ二階堂でしたが、何も言うことはなく、去っていきました。

投馬はケンカする気満々でしたが、二階堂にその気はなかったようです。

今川が二階堂に声をかけ、「久しぶりに元バッテリーの俺が受けてやろうか?」と提案しますが、二階堂は拒否します。

結局二階堂は帰ってしまいました。

やはり野球部の雰囲気は悪く…

全国中学校軟式野球大会(全中)でも二階堂が投げていました。

最終回、連打を浴びる二階堂を見て、投馬は「どう考えても無理だ」と思いますが、最後はサードフライに打ち取り、完封で勝利します。

二階堂は走一郎に対して「どうだ立花!」と自慢げです。

「このチームのエースは誰だ?」と走一郎に聞き、「うちの背番号1は二階堂さんだけですよ」という言葉を聞き、投馬に対して「ざまあみろ!」と吐き捨てていきます。

走一郎と投馬はこの結果に対して、今後の不安を強めます。

二階堂は応援に来ていた父親とうれしそうに話していました。

期末テスト

全中の試合ですっかり期末テストのことを忘れていた投馬。

そんな投馬に友人の駒は点数で勝負することを持ちかけます。

中間テストでは5点差で投馬が勝っていました。

駒は投馬が負けたら音美とデートをさせろと持ちかけます。

投馬は断りますが、走一郎がOKしてしまったため、勝負することになってしまいました。

投馬は、音美にからかわれながらも自宅で真面目にテスト勉強に励むのでした…

走一郎は余裕で寝ていましたが、夜も投馬はテスト勉強をしていました。

期末テストの返却がありましたが、投馬は机で爆睡しています。

クラスのベスト5が発表され、1位は走一郎で、さすが~と言った声が聞こえます。

5位はまさかの投馬でした。駒だけでなく、クラス中が驚く結果でした。

家で音美がご飯に呼びますが、投馬は慣れないことをやったためか疲れて起きてきません。

走一郎は音美に「寝かしといてやれよ」と言います。

二階堂も集中力や執念は相当のものですが、それも投馬にはかなわないと評価する走一郎。

「それは投馬を褒めてるの?」と走一郎に確認する音美に対し、走一郎は「あぁ」と答えます。

答えに納得したのか、音美は「じゃあよし」と言って食事に向かいます。

走一郎は、「ゆっくり休めよエース」と投馬を労うのでした。

部活に来ない二階堂

都大会開幕まであとわずかにも関わらず、二階堂は練習に出てこなくなっていました。

投馬と走一郎は監督に聞こえるような大声で二階堂や監督に対する嫌味を言います。

一回戦の相手は今川いわく「強敵」で、走一郎のリードが頼りです。

相手チームの打線は投馬が投げれば何とかなると走一郎は言いますが、相手中学のエースのカーブは一級品で、ストレートも速く、まさしく強敵です。

その強敵とは2年生エース、西村 拓味です!

一回戦前日

やっと野球部に顔を出した二階堂ですが、詫びるわけでもありません。

投げる球は球威もキレもなく、野球を舐めてると投馬は言います。

しかし、そんな状態でも都大会は始まってしまうのでした。

対水神中学戦

二階堂が来ていないものの、投馬を起用するわけではなく、控えピッチャーの安野をマウンドに上げます。

相手チームもエースを温存しています。

1回から2点を先制する明青でしたが、1回裏にあっという間に同点に追いつかれ、2回裏で勝ち越されてしまいます。

しかし、3回表に駒の3ランホームランで逆転します。

ここで相手はエース西村をマウンドに上げます。

見事なピッチングで後続を切って取った西村を見て、走一郎は「久しぶりに試合が楽しくなってきたぜ」とうれしそうです。

投馬も同意し、「誰かさんがいないおかげでな」と言います。

3回裏も1点を返されましたが、何とかリードを守っている明青。

しかし、4回表は西村から打てず、無得点で終わります。

4回裏もランナーを出すものの、0点に抑えます。

西村は走一郎を見て、「トレードしてくれねえかなぁ」とぼやきます

二階堂登場

5回表、投馬も西村からヒットは打てませんでしたが、振り逃げで塁に出ます。

投馬は二階堂と二階堂の父親が来ていることに気づき、走一郎も投馬の目線で気づきます。

走一郎は打つものの、ファーストへのライナーでアウトになってしまいます。

バットをたたきつけ、悔しさを表に出す走一郎…

思っていた通り、ピッチャーは二階堂に変えられてしまいます。

5回裏、水神の攻撃で、西村にホームランを打たれてしまいます。

これで5対5の同点…

立花家に来訪者?

立花家にはひげ面で、「肉」と書いたTシャツを着た男が訪ね、何度もインターホンを押していました。

パンチもその存在に気づきますが…

果たして誰なのか?

そして試合はどうなるのか?

次回は第5話「ピッチャーだろ?」です。

ぱごろもの解説・感想・考察

投馬と走一郎の部屋にはMIXのポスターが貼っていました。メタですね😆

音美と駒をデートさせないため、必死にテスト勉強をがんばる投馬。なんていじらしいんだ…

上杉達也を彷彿とさせるような集中力はやはり天才たる所以なのでしょう。

図書カードが二階堂で笑いました😂

そんな二階堂親子ですが、何を隠しているのか…そろそろ明らかになるでしょうか?

走一郎は女生徒のファンから「走様」と呼ばれていました。相手のチームも気になるほどの人気っぷりですね💦

そして登場西村拓味!!懐かしの西村ですよ!

完全にタッチにいた西村勇ですね。そのあたりも今後明らかになってきますよ~✨

明青学園中等部の打順

  1. 1番サード立花投馬(2年)
  2. 2番?
  3. 3番キャッチャー立花走一郎(2年)
  4. 4番ファースト今川正(3年)
  5. 5番ライト駒耕作(2年)
  6. 6番セカンド室谷(3年)

ここまでは今回の試合でわかりました!

日髙さんもナレーションで言っていましたが、2番誰や笑

バントはうまいようですが…

おそらく9番はピッチャー安野なのでしょうが、他は謎ですね。

さ~、次回も楽しみだー!!!

 

hulu
ぱごろも
ぱごろも
試合が始まると熱いですね!

早く投馬のピッチングが見たいなぁ🤗

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪