雑記

気学の運勢パワー2019!あなたの星を早見表でチェック!

ぱごろも
ぱごろも
こんにちは!こんばんは!

私が勉強していることをアウトプットしていくシリーズです😀

 

毎朝の星座占いや血液型占い、タロットなど、占いというものには様々な種類、形があります。

今回ご紹介するのは、気学というものです。私が気学(九星気学)に出会ったのは、2017年6月でした。まだまだ勉強中ですが、お役にたてる知識があればうれしいです。

 

気学とは?

ここでは、気学の考えの基礎となるものを紹介していきます。

陰陽五行説

陰陽五行説は、約4500年前の紀元前2500年頃に生み出されました。

「陰陽」というのは、太陽と月のことであり、五行は木星、火星、土星、金星、水星を意味します。マンガなどにも使われたりしているので、知っている方は意外と多いかも知れませんね😊ちなみに私は、天才テレビくん内でやっていたドラマで、「木剋、土剋水…」と五芒星を切るのを覚えていました。最近、やっと呪文の意味がわかったのです笑

五行には相生と相剋の関係があります。相剋の関係をつなぐと五芒星になります。

八卦の登場

約5000年前、伏羲(ふっき)という神様(伝説上の帝王ともいわれる)がいました。この神様は、人が暮らす基礎となる文明文化を作り、八卦(はっけ・はっか)という中国の文化・思想の原点も確立しました。

易と気学へ

陰陽五行の考えに基づいて、十干(じっかん)が生み出されます。さらに、十二支(じゅうにし)という考えも生み出されました。

これら陰陽五行、八卦、十干、十二支の考えが結びついていき、エネルギーの消長や盛衰の法則がわかってきました。そして、この考え方が、現在の易学や気学へと発展していったのです。

 

九星早見表

さて、自分の星は何だろうと気になっている方もいると思います。

早見表を作成しましたので、参考にしてください。注意点として、気学では立春(節分)までは前年の生まれになります。もし1980年2月1日生まれなら、1979年の九星を見てください。

2019年それぞれの運勢パワー

各星の2019年の運勢パワーを見てみましょう!

※☆は★0.5個分を表します。例:★☆→★1.5個

  • 一白水星:★★★
  • 二黒土星:★★★
  • 三碧木星:★★★☆
  • 四緑木星:★
  • 五黄土星:★★★☆
  • 六白金星:★★★★★
  • 七赤金星:★★★★★
  • 八白土星:★★★
  • 九紫火星:★★★★

今年の運勢が最も強いのは、六白金星七赤金星です!

細かいところを見ていくと、運勢の強さだけで決まるわけではないので、★の数が少なくても落ち込まないでください!

 

2019年それぞれの運勢パワー

気学

気学とは、陰陽五行や八卦など、長い時間をかけて積み上げられた知識の集大成、学問である

自分の九星は早見表でチェック!

2019年運勢が強いのは、六白金星と七赤金星の方!

 

私が気学を習っている先生の紹介をここでしておきます。いつもありがとうございます。

山口 知宏(やまぐち ともひろ)先生

一般社団法人 社会運勢学会 理事

株式会社 ネクストフロネシスブレイン 代表取締役

 

 

 

ぱごろも
ぱごろも
今回、早見表でわかった九星は、あなたの「本命星」と言います。

また少しずつ説明していきたいと思います😆

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪