ニュース

NHKで令和と手話ワイプがかぶった!手話通訳士は誰?名前は?

新しい元号を掲げている人と手話をしている人
ぱごろも
ぱごろも
どもです♪

新元号発表されましたね😆

 

2019年4月1日、日本中の人が気になっていたであろう、新元号の発表が行われました。

新元号は「令和」(れいわ)です。

5月1日からは令和元年となるわけですね😄

しかし、別のことでも話題になっています。

NHKの放送で手話のワイプと「令和」がかぶった!

これ、リアルタイムで筆者も見てたんですが、見事にかぶってしまっていました…

こちら↓に動画が載っているので、見てみてください。

向かって左側に手話のワイプがありましたが、菅義偉官房長官が「令和」の文字を掲げたのも左側だったために、かぶってしまったのです。

しかも指文字では「れいわ」ではなく「めいわ」と示してしまうミスもあったようです。

このあたりは手話通訳士(者)さんは何も悪くないとは思うのですが…

ただ、このようなハプニングにも冷静に、「令和」の文字の方を最後に手で示して消えていく手話通訳士さんに拍手です!

しかし、この方誰なんでしょうか?

ワイプに出ていた手話通訳士は誰?名前は?

手話というのは、耳が聞こえないなど、音声でコミュニケーションをとることが難しい方のための意思疎通の手段です。

そして、そういった方のために間に立って、手話で通訳をするのが手話通訳士です。

NHKでは手話ニュースなども放送されています。

さて、今回話題になったワイプの手話通訳士さんはいったい誰なのでしょうか?

いろいろと調べてみたのですが、名前などの情報は得られませんでした。

もし何かわかれば追記します!

ワイプかぶりは防げなかったのか?

ここで、ひとつ疑問なのが、「どうしてワイプがかぶってしまったのか?」ということです。

かぶってしまうのは予想していなかったのか?防ぐことはできなかったのでしょうか?

過去の元号発表から予測できた?

平成の元号が発表されたとき、当時の小渕恵三官房長官も右側に「平成」の文字を掲げました。


今回も右側に掲げるとは思わなかったのだろうかと疑問の残るところです。

ネットでも「予測できただろう」と言った声が上がっています。

位置を調整できた?

ワイプの位置はどうだろうかと考えた時、他のニュース映像を見てみると、画面に向かって左側であったり、左下や右下もありました。

基本的には、映像の邪魔にならない位置で、字幕などともかぶらないように配慮された位置にワイプが表示されているようです。

なので、今回もワイプの位置としてはおかしいものではなかったと思います。

たまたまかぶってしまう位置にあったという結果になってしまいましたが…

手話はいらなかったのか?

ネットを見ていると、「手話が邪魔!」と言った声も上がっていました。

では手話はなかった方がよかったのでしょうか?

確かにNHK以外の主要放送局では手話のワイプはなかったようです。

しかし、手話がないと聴覚障害のある方々はどうしたらよいでしょうか?

字幕を表示しておけばよいと思うかもしれませんが、生放送の場合、文字の情報はどうしてもリアルタイムとずれが生じます。すばやく情報を伝えるにはやはり手話は必要なのです。

こういった声もあります↓


今回の一件は確かにNHKのミスなのでしょうが、必要としている人がいる限り、手話通訳は続けて行っていただきたいと思います。

まとめ

NHK手話ワイプかぶり!

新元号「令和」発表時に、NHKの手話ワイプがかぶってしまった

手話通訳士の方の情報はわからず。わかれば追記予定

手話は必要!

 

ぱごろも
ぱごろも
こういうこともありますよね😅

聲の形おすすめです!

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪