日常の疑問

GAFAってなに!?知らないとヤバイ大注目企業をご紹介!

ぱごろも
ぱごろも
おはようございます。

新語・流行語大賞のノミネート30語が発表されました。

年末が近づいてくるとこの話題が出てきますね。

まったく知らない言葉もあったりして、思わず調べてしまいます笑

今日はそんな新語・流行語大賞ノミネート30語から、「GAFA」について調べました。

 

GAFAとは?

GAFAは「ガーファ」と読むようです。

ある頭文字をつなぎ合わせているのですが、何かおわかりですか?

G、A、F、A…

正解は、

Google(グーグル)

Apple(アップル)

Facebook(フェイスブック)

Amazon(アマゾン)

です。

 

なぜこの4社?

上記の4社を知らない人はまずいないと思います。

それほどに有名な企業です。

GoogleはGoogle Chromeなどの検索エンジン、AppleはiPhoneやiPadといったデジタルデバイス、FacebookはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、Amazonはネットショップと、それぞれの市場を席巻している4社になります。

現代はインターネット社会なので、この4社は非常に強い影響力を持っていることになります。

 

GAFAへの懸念

インターネットが普及してきて、GAFAのいずれも使っていないという方はほとんどいないと思います。生活が便利になる、新しいコミュニケーションの形がうまれるなど、その功績は大きいと思います。

一方で、世界中で利用されているということは、それだけ個人的なデータなどもこの4社が持っていることになります。流出すれば大変なことになってしまいます。市場を席巻しているからこそ、その情報は厳重に扱っていく必要があります。

これらの情報は、企業に蓄積され、事業に利用されていきます。しかし、この4社だけに集中してしまい、他の企業に情報が集まらないということも考えられます。そうなると、情報を持つ者持たざる者という格差が生まれてしまいます。そうなると、市場の公平な競争を阻害してしまうことなります。

そういった背景もあり、日本では2016年12月に「官民データ活用推進基本法」というものが成立しました。

 

GAFAへの懸念

新しい言葉が生まれるほどに、GAFA4社の影響力は強い状態です。

使う側はいかにうまく使い、自身の幸せにつなげることができるかが重要ではないでしょうか?

またGAFAの今後としては、自社の発展はもちろんのこと、他社、そして私たちに対してどのような利益をもたらせるか、ということを考えていただきたいなと思います。

偉そうなことを言ってすみません笑

ぱごろも
ぱごろも
GAFAのどれかで働いてみたいなぁ…

それではまた明日~♪

 

Twitter でぱごろも@くすぶり系PTをフォローしよう!

ABOUT ME
ぱごろも
ぱごろも
いろんなことに興味が尽きない!でもくすぶっている理学療法士(PT)です。学んだことを発信して、ひとの役に立てればと思っています。わんことふくろうを愛しています♪